Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

乗鞍岳で滑り納め

2020.06.27 Saturday

s-のり14.jpg

 

この年になってもまだシーズン20回以上行っている山スキーは、今年326日の乗鞍(12回目)で中断したままだ。

 

いつもは4月、5月に東北などへ遠出をし、6月はじめに立山で滑り納めとするのだが、他県への移動自粛で中止に。

 

自粛解除で立山黒部アルペンルートも地元の乗鞍登山バスも619日(土)から営業再開になったが、今年は近場の乗鞍で「納め」をすることにした。

 

登山バスは土日臨時便が出るくらいたいへんな混みようで、三密状態だったとのこと。

 

このため老人は平日にということで、梅雨の晴れ間に1人で行ってきた。

 

755分の始発に乗ったが空いていて、数人の登山者のほかスキーを持った人は隠居を含めて3名のみ。

 

畳平駐車場はいつも貸切バスで混雑しているが、ご覧の通りガラガラ。

 

はや高山植物が咲いていた。

 

s-のり1.jpg

 

s-のり2.jpg

 

s-のり3.jpg

 

s-のり4.jpg

 

s-のり5.jpg

 

s-のり6.jpg

 

s-のり7.jpg

 

s-のり8.jpg

 

s-のり9.jpg

 木道はまだ立ち入り禁止

 

s-のり10.jpg

 不消(きえず)ヶ池と不動岳

 

s-のり11.jpg

 

s-のり12.jpg

 

肩の小屋のすぐ下から下部まで滑ってシール登高で戻り、こんどは朝日岳からの雪渓へシール登高。

 

s-のり13.jpg

 

s-のり15.jpg

 

s-のり14−1.jpg

 老骨の軌跡

 

s-IMG_1763.jpg

 

s-IMG_1760.jpg

 

 

いつもは朝日岳下の登山道から滑るのだが、今年は時期が少し遅かったのと寡雪で雪渓が切れていたので、この最上部まで登る。

 

途中でシュルンドを覗いたりして高山気分を味わいながら、朝日岳の下へ。

 

s-のり17.jpg

 

s-のり18.jpg

 

s-のり19.jpg

 

s-のり20.jpg

 

s-のり21.jpg

 

s-のり22.jpg

 

s-のり23.jpg

 

s-のり24.jpg

 

s-のり25.jpg

 

s-のり26.jpg

 上部に登山者が

 

途中いつも口を開けているクレバスは、今年小さかった。

 

s-のり27.jpg

 

s-のり28.jpg

 欲が出てこの最上部まで登る

 

ここまできていたのは隠居だけ。

 

はじめクレバス横の急斜面でスリルを楽しみ、あと緩斜面を一気に下まで滑って悦に入る。

 

s-のり29.jpg

 

s-のり30.jpg

 

s-のり31.jpg

 

シール歩行で小屋の下へ戻り、もう一度途中まで滑って、老骨が悲鳴をあげる前に止めとする。

 

s-のり32.jpg

 

かくして不完全燃焼を少し解消し、今シーズンを終えた。

 

この老生、来シーズンのことはわからない。

 

s-IMG_1752.jpg

  

<以下まためんどうくさい余談におつきあいいただけるお方のみご入場を>

 

今年の3月一面雪に覆われていた山も、残雪の中にもうシナノキンバイやキバナシャクナゲが咲いていて、いつもながら生命のリズムの不思議さを思わざるを得ない。

 

宇宙は膨張、収縮の循環を永遠に繰り返し、生命も循環し、自然のリズムで動いているという。

 

「天のもとのすべてのことには季節があり、すべての業には時がある」と、聖書だったかに書かれていたが、これをよく理解しているものを賢者というらしい。

 

宇宙の生命のリズムをいちばん知っているのは女性で、男性は押したり引いたり流れを変えようと抵抗するが、女性は流れを感じ取り、流れに合わせて生きているという。

 

最近ある本を読んでいたら、この生命のリズムのことで、半ボケの隠居が日頃漠然と考えていることをうまく書いてあって、ほぼ納得。

 

「生命のリズムの輝かしさのひとつは陰と陽があることで、男性と女性のどちらがすぐれているということではない。」

 

「ただ、男性であることは試練。長い間男性でいると、自分の愚かさに苦しみ、自分が創造したわざわいを通じて人を苦しめ、人に苦痛を与え続けたため自分が嫌になってくる。すると攻撃が理性に、軽蔑が同情に変わり、いつも勝ちたいというのでなく、誰も負けなければいいと思うようになってくる。」

 

「力は正義ではない。強いというのは力をふるうことでなく力をもっていること。」などなど。

 

これに気が付いた時、女性なるものの粋をついに理解したことになるというのだ。

 

わかりやすく言えば、一般的にじいさんになると柔和で優しくなるということだが、その逆の人もいるので人間は面白い。

 

経験と思索を重ね過ぎ、自身でも一筋縄ではゆかない世界観を持ってしまった老人などもそうだ。

 

こういう人は一見好々爺風なので見分けが難しい。

 

もしこんなじいさんが禅門へ入ると、師家(座禅の師)から、「お前さんの背負っている役に立たないもの(分別知)をすべて捨てよ!」「かーつ」と一喝されることは間違いないが・・。

 

(隠居がどちらかは、ご推察におまかせいたします。)

 

話しは飛躍するが、かの敬愛するメスナーは、40歳過ぎに垂直の世界から水平の世界に興味が移り、南極の徒歩横断の時に静寂と安らぎと無限を体験し、仏教の滅諦を感じたと書いている。(『ラインホルトメスナー自伝』)

 

これは一種の悟りであろう。

 

そしてアルピニズムの根底には破壊的な精神があるとも。

 

やはりこだわってきたアルピニズムは、男性だけの、しかも若い時だけのもののようだ。

 

なお山のレベルは雲泥の差があるが、メスナーと隠居は同い年。

 

こちらのじいさんは、いまだ悟りとは程遠い、自己顕示むきだしの生活を送っている。

 

高山植物の話からなにかへんな方へ滑っていってしまい、ご容赦ください。

 

s-のり35.jpg

 久しぶりに亀ヶ池をのぞいて見た

comments(0) | - | - | -

乗鞍岳

2020.04.06 Monday

s-no1.jpg

 

新型コロナウィルスの感染は収まる気配がないが、気分転換に清浄な山の写真をご覧ください。

 

今の時期老人はおとなしく家にいたほうがいいようだが、来年のことがわからない隠居は、体が動くうちというより生きているうちに楽しんでおきたいと、平日の天気がいい日(326日)をねらって乗鞍へ行ってきた。

 

同行は平日も休みのSさん。

 

いつも書くように、乗鞍岳は剣ヶ峰から飛騨側に派生している千町尾根がいちばんすばらしい山スキーフィールドだと思うが、なにせアプローチが長いのでなかなか入りにくい。

 

このため、スキー場のリフトで標高2000mまで運んでもらえる信州の乗鞍高原から年に1〜2度登ることにしていて、今年はこれで2回目。

 

このスキー場も休暇村のほうが1週間早く(329日)営業を終えるようなので、その前にということで。

 

リフト3基を乗り継いで上部へ。

 

s-no2.jpg

 

平日なのでスキー場にもほとんど人がいなかったし、山へ向かう人も23パーティだけ。

 

s-no3.jpg

 

s-no4.jpg

 

s-no5.jpg

 

s-no6.jpg

 

s-no7.jpg

 

s-no8.jpg

 

風もなく、春山のような感じで森林限界まで。

 

隠居はまた花粉症がらみのゼンソクが出て、亀の歩行になる。

 

s-no9.jpg

 

s-no10.jpg

 

s-no11.jpg

 

s-no12.jpg

 

s-no13.jpg

 

s-no14.jpg

 

s-no15.jpg

 

 

頂上からの蚕玉沢も寡雪で岩が出ていた。Sさんの遭難地点にむかって黙祷。

 

s-no16.jpg

 

s-no17.jpg

 

s-no18.jpg

 下山してきた登山者

 

s-no19.jpg

   奥穂高岳  前穂高岳

 

s-no20.jpg

 

s-no21.jpg

 

s-no22.jpg

 

s-no23.jpg

 

s-no24.jpg

 

途中から風が強くなってきたので、老人パーティは無理をせず、トイレ地点までとする。

 

s-no25.jpg

 

s-no25-1.jpg

 

滑降は氷結箇所もなく、気温が高い割に雪質もよく、スキー場まで快適に滑降できた。

 

s-no26.jpg

 

s-no27.jpg

 

s-no28.jpg

 

s-no29.jpg

 

s-no30.jpg

 

s-no31.jpg

 

s-no32.jpg

 

s-no33.jpg

 

s-no34.jpg

 

s-no35.jpg

 

s-no36.jpg

 

s-no37.jpg

 

s-no39.jpg

 

s-no40.jpg

 

あとガラガラのスキー場を滑り、駐車場のそばの休暇村で温泉に浸かってから帰宅。

 

そしていつもの晩酌の時間には盃を手にし、単純な、豊饒な一日を終えることができた。

 

このところ日本山岳会は、大都市圏の会員に登山を含む不要不急の外出自粛を呼びかけている。

 

特にクライミングや山スキーなどで怪我をして医療システムに負担をかけてはならないとも言っているが、もっともな話だ。

 

欧米ではこの困難を乗り切ろうと、住民同士が虹の絵を家の窓に掲げて励ましあっているのをテレビで見た。

 

虹は苦難のあとに訪れる平和や希望の象徴とのこと。

 

昨年125日、琵琶湖に遊んだとき撮った虹の写真をどうぞ。

 

s-no0.jpg

comments(0) | - | - | -

乗鞍岳・御越(みこし)尾根の雪上散歩

2020.03.30 Monday

s-み0−1.jpg

 3月25日の乗鞍岳

 

3月の飛騨も三寒四温の日が続いて春に近づいて行くが、その間に時々降雪がある。

 

昨日(29日)も10僂曚票樟磴。

 

320にも少し積ったので、まだスキーで遊ぶことしか頭にない能天気な隠居は、近くで滑れるところはないだろうかと考えた。

 

結果営業を終えたばかりの「ほおのき平スキー場」が思い浮かび、翌21日に単独で向かった。

 

例年は3月末まで営業しているが、今年は雪不足と新型コロナウィルスのため入場者が激減し、半月はやく営業を終えていた。

 

s-み1.jpg

 

幸い上まで雪が続いており、静かなゲレンデ内をシール歩行。

 

同じことを考える人がいるもので既に先行のトレースがあり、これを辿る。

 

s-み2.jpg

 

s-み3.jpg

 

s-み4.jpg

 

s-み5.jpg

 

s-み6.jpg

 

s-み7.jpg

 

s-み7−1.jpg

 乗鞍の第3尾根は雪がない

 

s-み8.jpg

 

s-み9.jpg

 

s-み10.jpg

 

s-み11.jpg

 

やがてスキー場のトップに到着。

 

s-み12.jpg

 

s-み13.jpg

 

s-み14.jpg

   大崩山   猫岳   四ツ岳  烏帽子岳  

 

s-み15.jpg

 恵比寿岳  里見岳?

 

先行者はすでに別ルートを滑って行ったようで人影はなかったが、乗鞍へと続く御越尾根には古いトレースがあった。

 

時間が早いので、久しぶりに御越尾根の散歩をすることに。

 

s-み16.jpg

 

この高度にはまだたっぷりの雪があり、眼前の白い乗鞍を見ながら静寂な林間をシール歩行。

 

s-み17.jpg

 

s-み18.jpg

 

こういう急がない単独行は無心になって自然と対話ができ、思索ができるのがうれしい。

 

これを「物我一如」というより「山人一如」というのだろう。

 

今年も厳しい冬をしのぎ、春を迎える準備をしている木々に話しかけながら黙々と歩む。

 

s-み18−1.jpg

 

s-み18−2.jpg

 

s-み19.jpg

 

s-み19−1.jpg

 

s-み20.jpg

 

これは一つの瞑想で、いわゆる「内面への旅」だ。

 

年を取ると、「行動すること」より「在ること」のほうが大事だという。

 

s-み21.jpg

 

s-み22.jpg

 

s-み23.jpg

 

s-み24.jpg

 

s-み25.jpg

 

やがて標高1666mの小さなピークを越えると急斜面になり、スキーを脱いで牛首峠まで下る。

 

s-み26.jpg

 

s-み28.jpg

 

s-み29.jpg

 

ここは「五色ヶ原の森」のトレッキングルートが南北に通過しているところ。

 

スキーの古いトレースはここから痩せ尾根をまっすぐ登り、猫岳へとむかっていた。

 

隠居は冬の久手御越滝を見たくてツボ足で進んだが雪が深くなってあきらめ、往路を戻る。

 

s-み30.jpg

 ほおの木平スキー場が見える

 

s-み31.jpg

 

s-み32.jpg

 

s-み33.jpg

 

s-み34.jpg

 

s-み34−2.jpg

 乗鞍スカイライン夫婦松

 

s-み34−3.jpg

 

s-み36.jpg

 

s-み36−1.jpg

 

s-み36−2.jpg

 

s-み37.jpg

 白山遠望

 

スキー場内に上から下まで華麗なシュプールをつけるつもりだったが、午後になって雪がくさり、重くなって回すのに力がいり、無様な加齢なシュプールになってしまった。

 

s-み38.jpg

 

s-み39.jpg

 

s-み40.jpg

 

s-み40−1.jpg

 

s-御越尾根.jpg

 

スキー場の中にある温泉で老体を労わって、晩酌の時間には帰宅。

 

新型コロナウィルスの感染拡大は収束しそうになく、4月末に山形県月山で開催予定だった山スキークラブの全国集会が中止になった。

 

comments(0) | - | - | -

妙高三田原山の南斜面を滑る

2020.03.23 Monday

s-三0.jpg

 三田原山(左のピーク)

 

このところ山行報告の日にちが古くなってきたのでご容赦ください。

 

あちこちで開花情報が聞かれるというのに、この偏屈山惚け老人は、好きな山スキーの歌「昨日は梵珠嶺、今日また阿闍羅・・・」を口ずさみながら、まだ雪があるところを求めて徘徊している。

 

37日、山岳会山スキー仲間のラインで相談の結果、確実に滑れる妙高へ出かけることになり、参加させてもらった。

 

清浄な山なら新型コロナは大丈夫だろうということで。

 

同行は山岳会の50歳代の3名。隠居は2週続けての妙高だ。

 

目的は、昨年も滑った妙高山の外輪山三田原山(2347m)の稜線から南面の滑降。

 

スキー場から2時間ほどで登れ、滑降距離が長い。

 

妙高杉ノ原スキー場のゴンドラは、新型コロナウィルス感染防止対策で乗車人員を4人に制限していた。

 

乗り継いだ第3リフトの終点には、もう山スキーヤーが何組かいて出発準備をしていた。

 

s-三1.jpg

 

s-三3.jpg

 

s-三4.jpg

 入山は自己責任で

 

s-三5.jpg

 

s-三6.jpg

 

s-三7.jpg

 

s-三8.jpg

 

s-三9.jpg

 

s-三10.jpg

 

s-三11.jpg

 

去年間隔をあけて通過した雪崩発生の危険がある2ヶ所の谷は、今回雪が安定していて問題なく通過できた。

 

s-三13.jpg

 

s-三12.jpg

 

小さな尾根を越え、ダケカンバのなかの急な斜面をジグザグ登高。

 

s-三14.jpg

 

s-三15.jpg

 

s-三16.jpg

 

足弱隠居は、このあたりから持病のゼンソクが出て呼吸が苦しくなり、おまけにシールに雪が付着してワックスを塗ったりしているうちに遅れてしまう。

 

s-三17.jpg

 

s-三18.jpg

 

s-三18−1.jpg

 

s-三19.jpg

 

s-三21.jpg

 

s-三22.jpg

 

昨年は上部がクラストしていて、外人のツアーガイドがピッケルをふるって斜面を砕いていたが、今年はクトーもなしで通過。

 

s-三24.jpg

 

稜線に出て待っていてくれた彼らと合流し、休む間もなく下降の準備をする。

 

いつもの如く、他のパーティが滑る前に斜面へ入ろうという姑息な?考えからだ。

 

s-三25.jpg

 

s-三26.jpg

 

s-三27.jpg

 妙高山

 

木がまばらな広い斜面は、昨年のような腰までのパウダーは無かったものの、少し硬い雪のうえに新雪があって滑り易かった。

 

s-三28.jpg

 

s-三29.jpg

 

s-三30.jpg

 

子供のように歓声をあげて、雪面に思い思いの弧を描くこの一刻は、まさに値千金。

 

s-三31.jpg

 

s-三32.jpg

 

s-三33.jpg

 

s-三34.jpg

 

s-三35.jpg

 

s-三35−1.jpg

 

s-三36.jpg

 

s-三37.jpg

 

樹林帯に入るころから雪が腐ってきて、スキーを回すのに力が要った。

 

s-三38.jpg

 

s-三38−1.jpg

 

s-三39.jpg

 

s-三40.jpg

 

s-三42.jpg

 滑ったところを振り返る 奥の白い山から

 

s-三43.jpg

 

s-三44.jpg

 すばらしいブナ林を滑る

 

s-三44−1.jpg

 

s-三44−2.jpg

 

下部の平地で一休みしてから平らな樹林帯を滑り、道路にでてスキー場最下部まで滑降。

 

s-三45.jpg

 

s-三49.jpg

 

s-三47.jpg

 

s-三48.jpg

 

s-三50.jpg

 

s-三51.jpg

 左の斜面を滑降

 

s-三52.jpg

 

長いリフトに乗り、ゲレンデ上部から今朝のゴンドラ乗り場まで一気に滑降して駐車場所へ。

 

久々に長距離を滑ることができ、皆満足。

 

かくして老骨の今シーズンの山スキー行はこれで10回を数えたが、例年のまだ半分以下だ。

 

しかし今年は、あと立山くらいしか滑れないかも知れない。

comments(0) | - | - | -

旧燕温泉スキー場を歩き、滑る

2020.03.16 Monday

s-tu1.jpg

 旧燕温泉スキー場の対岸にある神奈山(1908m)

 

s-tu2.jpg

 

花の便りが聞こえてきたというのに、まだスキーの話が続き恐縮です。

 

前夜泊まった妙高山麓の一軒宿「燕ハイランドロッジ」は、ブナ林の中の風情がある古い温泉宿で、アルパインスキークラブの定宿になっている。

 

ロッジの宮澤社長の父君は、このあたりのスキー場開発の草分けで、全日本スキー連盟の初代デモンストレーターだった。

 

s-tu3.jpg

 

s-tu3-2.jpg

 

s-tu3-1.jpg

 

一昨年社長に、隠居が「飛騨のスキー史」を調べていると話したら、知人が書いたものだと言って、『レルヒ―知られざる生涯』(新井博著・道和書院)という本を頂戴した。

 

余談ながら、実はレルヒ少佐と飛騨のスキー史は関係がある。

 

明治44年、高田の連隊へスキー術を伝授したレルヒ少佐は翌年北海道へ渡り、旭川の師団や札幌でも指導を行った。

 

この時札幌農学校(農科大学)に学んでいた高山の造り酒屋のN氏が一本杖スキーを習得し、大正2年母校の斐太中学で滑って見せ、指導したのが飛騨におけるスキーの初伝来というわけだ。

 

s-3.jpg

 一本杖スキー(『斐太高校百年史』1986 から)

 

31日はGさんの案内で燕温泉スキー場跡を歩き、滑った。

 

2006年まで、燕温泉の裏山にペアリフト2基を備えたプライベートゲレンデのような小さなスキー場があった。

 

このあたりは積雪量が3mを越え、トップシーズンはパウダースノーが楽しめるので、山スキーを好む中上級者で賑わっていたという。当時のパンフには最大傾斜32度とある。

 

s-tu4-2.jpg

 

ロッジの前でスキーを履き、リフト架線跡のような左斜面の林間をトラバースするが、途中木がない雪崩れそうな斜面があり、間隔を空けて通過。

 

s-tu6.jpg

 

s-tu7.jpg

 テレマークの新しい締め具

 

s-tu8.jpg

 

s-tu8-1.jpg

 

s-tu9.jpg

 

s-tu10.jpg

 

上部に雪崩止めがある急峻な斜面からボーダーが何人か滑ってきた。赤倉温泉スキー場のトップから下ってきたようだ。

 

s-tu10-1.jpg

 

s-tu11.jpg

 

s-tu12.jpg

 

s-tu13.jpg

 

ガスが出ていてスキー場の全容が把握できない。

 

間もなく平らな場所に出て行動を止め、元ゲレンデと思われる開けた少々急な斜面の滑降に移る。

 

s-tu14-2.jpg

 

s-tu14.jpg

 

s-tu15.jpg

 

s-tu15-1.jpg

 

s-tu16.jpg

 

重い新雪の下にボードの硬いシュプールが隠れていてひっかかり、転倒者続出。

 

s-tu16-1.jpg

 

s-tu17.jpg

 

s-tu18.jpg

 

s-tu19.jpg

 

s-tu20.jpg

 

道路の上まで滑降し、トンネルの入口の斜面を降りて宿まで歩いた。

 

s-tu-21.jpg

 

s-tu22.jpg

 

ロッジで解散し、帰路関温泉街とそばにある小さなスキーを通ったが、なにやら昭和の雰囲気が残っていて懐かしかった。

 

comments(0) | - | - | -

旧パインバレースキー場の雪上散歩

2020.03.09 Monday

s-pa1.jpg

 妙高山(  2020.2.29)

 

もう飛騨には雪が無く春めいてきたというのに、この年寄りはまだ長いモノを持ってうろついており、家人に笑われ、呆れられている。

 

229日、31日に「アルパインスキークラブ」の小集会が妙高市であったので、参加させてもらった。

 

新潟県の山に精通しておられるクラブ員Gさんの企画で、初日は旧パインバレースキー場、2日目は旧燕温泉スキー場を歩き、滑ってきた。

 

新潟も雪が少ないので、高齢者が安全に滑れるところをというご配慮のようだった。

 

s-pa0.jpg

 旧パインバレースキー場のゲレンデマップ

 

近年スキー人口の減少で廃業に追い込まれるスキー場が後を絶たないが、飛騨も例外でない。

 

この妙高市にあるパインバレースキー場も、1988年松下興産が総合リゾート開発の一環としてオープンし賑わっていたが、バブル崩壊後アパグループに渡り、2008年スキー場だけが閉鎖された。

 

現在は「アパリゾート上越妙高」としてアパグループがホテル、ゴルフ場、リゾートマンションなどを営業。

 

旧スキー場の下部に車をまわしておいて、ホテルのそばからスキー場のトップへ至る林道(ゲレンデマップのF)の歩行を開始。

 

ラッセルを交代しながら進む。

 

 

 

s-pa2.jpg

 

s-pa3.jpg

 

s-pa4.jpg

 

s-pa5.jpg

 

この日の参加者は、高年が多い中高年の12名(うち女性が3名)で、皆さん山スキーに並々ならぬ情熱を持っておられる方ばかり。

 

隠居と同年、年上の方もおられ、励みにさせてもらっている。

 

s-pa5-1.jpg

 

s-pa6.jpg

 

s-pa7.jpg

 

s-pa7-1.jpg

 

s-pa8.jpg

 

s-pa9.jpg

 

s-pa10.jpg

 

s-pa11.jpg

 

s-pa12.jpg

 カモシカパーティのラッセル痕

 

途中から妙高山の全容が見え出し、上越市のむこうに日本海が広がっていた。

 

普段山の中に住んでいるので、こうして海が見える山に登ると心が浮き立つ。

 

s-pa13.jpg

 

s-pa14.jpg

 

s-pa15.jpg

 

s-pa16.jpg

 

s-pa17.jpg

 

s-pa18.jpg

 

s-pa19.jpg

 

s-pa20.jpg

 

2時間半ほどでまだ建物などが残っているスキー場のトップに着き、あと傾斜の緩い広いゲレンデ(ゲレンデマップのECA)を滑降した。

 

s-pa21.jpg

 

s-pa22.jpg

 

もうパウダーは無かったが、早春の日を浴び、妙高山や海を眺めながらゆるゆると下った。

 

s-pa24.jpg

 

s-pa25.jpg

 

s-pa25-1.jpg

 

s-pa26.jpg

 

s-pa27.jpg

 

s-pa28.jpg

 

s-pa29.jpg

 

s-pa30.jpg

 

s-pa30-1.jpg

 

s-pa31.jpg

 

このコースもやがて山に還るのだろう。

 

s-pa32.jpg

  

帰路通過した集落には古い民家が残っていた。

 

s-pa33.jpg

 

このあたりは名にし負う豪雪地帯で、例年より少ないとは言え田畑はまだ真っ白。

 

飛騨とはちがう雪さびた景色の広がりのむこうに、妙高山が聳えていた。

 

s-pa34.jpg

 

この日は燕温泉の宿に泊まって懇親を行った。

 

comments(0) | - | - | -

猪臥山(畦畑ルート)

2020.03.02 Monday

s-い0.jpg

 猪臥山(右のピーク)と北西尾根

 

このところ滑降重視の山行が続いているが、たまには心安らぐ昔ながらの山村風景を見ながら、のんびりとした山旅的スキーをと思い、畦畑集落から猪臥山(1,519m)へ行くことに。

 

この猪臥(いぶせ・いのぶせ・いぶし)山は、昔から飛騨の岳人に親しまれてきた山スキーの山で、「飛騨の展望台」といわれるくらい飛騨山脈や白山連峰など360度の眺望がすばらしい。

 

近年古川町と東海北陸自動車道清見インタ―を結ぶ県道のトンネルが開通し、南面の彦谷から短時間で入れるようになって今や通年メインルートになっているが、クラシックルートは、畦畑集落から小鳥峠経由で北西尾根をたどる。

 

高度成長期にこの北西尾根を削って頂上直下まで林道が敷設され、名山の価値を台無しにしてしまったが、冬期間だけは昔の姿を取り戻す。

 

北西尾根のきれいな雪稜(トップの写真)を遠望しているとなぜか無性に滑りたくなり、眺望が得られそうな日を選んで年に一度は訪れている。

 

今年は雪が少ないので例年より早く行かないと県道の雪が切れてしまうと思い、24日の前日に晴天の予報を確認して出かけた。

 

昨年も雪が少なかったので225日に登っている。

 

古川の町はまったく雪が無かったが、畦畑峠を越えて集落までくるとまだ結構あり、幸い集落末端から小鳥峠を越える県道は埋まっていた。

 

現在では車で簡単に行ける畦畑集落は、その昔分校があったくらいの僻地で、今もそのたたずまいを残している。

 

s-い1.jpg

 畦畑集落

 

s-い2.jpg

 

s-い3.jpg

 

集落最奥の登山口で、やはり頂上を目指すという古川在住の山スキー仲間Oさんに会あう。

 

s-い4.jpg

 

県道に車のワダチがあったので四輪駆動車の自分だけ乗り入れてみたが、すぐ雪が深くなり、途中に駐車。

 

s-い5.jpg

 

s-い6.jpg

 

途中で若いOさんが追い抜いていった。

 

s-い7.jpg

 

s-い8.jpg

 

s-い9.jpg

 

s-い10.jpg

 

s-い11.jpg

 小鳥峠

 

小鳥峠(1,119m)の祠に参拝してから左の林道に入る。

 

ここにおられる石仏は、地蔵様でなく阿弥陀如来様。

 

これは、峠の向こうの旧清見村一帯が浄土真宗王国だからだと思われる。

 

峠の西側は緩い地形で現在牧場になっているが、戦後小鳥山と云う20軒ほどの開拓集落があり、ここにも分校があったという。

 

昭和40年代になって皆古川の町などへ降りられ、廃村になった。

 

自動車道がついたとたん、山奥の村が過疎や廃村になるという皮肉な現象はここだけでない。

 

s-い12.jpg

 

s-い13.jpg

 小鳥峠からの白山連峰別山

 

s-い14.jpg

 

昨日のものと思われるスノーモービルの跡が、隠居の駐車場所から峠を経て猪臥林道の途中までついていたのでラッセルは助かった。

 

そこから先は昨日の積雪があり、少々のラッセルをしながらシール歩行。

 

標高1200mの北西尾根に出ると飛騨山脈が広がり、剣岳から乗鞍岳まで望むことができた。

 

s-い15.jpg

 

s-い16.jpg

 剣岳  薬師岳  北ノ俣岳

 

s-い17.jpg

  頂上

 

頂上へは雪が多い時は林道をはずれて右の尾根を歩くのだが、ヤブが出ていたので頂上直下まで林道を忠実に辿った。

 

s-い18.jpg

 

途中からOさんと交代で進むが、足弱鈍足の隠居は若い彼に負うところが多かった。

 

s-い19.jpg

 

s-い20.jpg

 白木峰

 

s-い21.jpg

 金剛堂山

 

s-い22.jpg

 

s-い23.jpg

 白山

 

s-い25.jpg

 

s-い26.jpg

 

s-い27.jpg

 

s-い28.jpg

 

s-い29.jpg

 金剛堂山  白木峰  手前は尾崎山

 

s-い30.jpg

 

頂上直下の鳥居も例年はくぐれないほどの積雪量があるのだが、今年はご覧のとおり。

 

s-い31.jpg

 

s-い32.jpg

 

いつもは屋根近くまで埋まっている頂上の祠もまったく雪がなかった。

 

s-い33.jpg

 

s-い38.jpg

 

標識がほとんど露出している頂上には、彦谷から登ってきた人が何人もいた。

 

s-い34.jpg

 

s-い34−1.jpg

 

s-い35.jpg

 

s-い35−1.jpg

 

s-い36.jpg

 彦谷からきたワンちゃん アイゼン代わりの爪が出るスパッツを付けていた

 

s-い36−1.jpg

 飛騨山脈が一望

 

s-い36−2.jpg

 笠ヶ岳 穂高岳 乗鞍岳

 

s-い36−4.jpg

 御嶽山

 

s-い37.jpg

 白山

 

眺望を楽しんだ後頂上から往路を滑降。

 

s-い37−1.jpg

 

s-い39.jpg

 

すぐにスノーモービルが3台登ってきた。

 

楽しみにしていた林道のパウダーが荒らされ、おまけに静寂を破るすさまじいエンジン音に閉口。

 

山は登山者だけのものでないが、せめて頂上に近づくのだけは遠慮してほしいなどと考えながら、林道を快速滑降。

 

下部では県道の雪が融けて部分的に露出しており、今年は今日が最後になるかと思われた。

 

s-い40.jpg

 

s-い40−1.jpg

 

s-い41.jpg

 

s-い41−0.jpg

 

昔の飛騨を思わせる山村風景のむこうに、白い飛騨山脈があった。

 

s-い41−3.jpg

 

s-い41−1.jpg

 

s-い41−2.jpg

 

comments(0) | - | - | -

乗鞍岳第3尾根

2020.02.22 Saturday

s-の1.jpg

 

相変わらず雪が降らないのでもう板を仕舞おうと思っていたら、18日家の周りに6センチほど積もった。

 

この時期スキーの事しか頭にない惚け老人は、乗鞍までゆけばもう少し多く、翌朝一番ならパウダーが楽しめるのではないかと目論んだ。

 

ところが当日(19日)前からの大事な用事を忘れていて、登り始めたのが11時過ぎ。

 

平日だというのにトレースがあり、ありがたく利用させてもらうが、登りながら意地汚く「彼らに滑降面が荒らされないだろうか」などと心配をする。

 

s-の3.jpg

 雪が少ない第3尾根の下部

 

s-の4.jpg

 

s-の5.jpg

 

s-の6.jpg

 

s-の7.jpg

 

s-の8.jpg

 

やはり下部は少なく、ヤブが多くて先行者もコース取りに苦労し、途中から徒歩になっていた。

 

s-の8−1.jpg

 

s-の9.jpg

 

s-の10.jpg

 

s-の11.jpg

 

スキーをザックに付けて上部の牧場に出ると多くなり、再び牧場内をシール歩行。

 

s-の12.jpg

 

s-の13.jpg

 

s-の14.jpg

 

s-の15.jpg

 

途中で夫婦松まで行ってきたという単独行者が滑降してきた。

 

あと3名くらいは猫岳方面にむかった由。

 

s-の16.jpg

 

s-の17.jpg

 

s-の18.jpg

 

s-の19.jpg

 朴の木平スキー場の向こうに白山が見え出す

 

s-の21.jpg

 

s-の22.jpg

 輝山の尾根も雪がない

 

s-の23.jpg

 白山

 

s-の24.jpg

 

s-の25.jpg

 

牧場を過ぎて森林帯に入るとまた少なくなり、笹が多く露出していたので途中であきらめて下降に移る。

 

s-の26.jpg

 

老スキーヤーは、狙っていた斜面に「加齢なシュプール」を描くことができて悦に入る。

 

s-の26−1.jpg

 

s-の26−2.jpg

 

s-の26−3.jpg

 

s-の26−4.jpg

 

s-の27.jpg

 

s-の28.jpg

 

s-の29.jpg

 

s-の30.jpg

 

下部はヤブに引っかかることが必至なので右の林道を滑り、途中からヤブの少ない斜面を下る。

 

s-の31.jpg

 

s-の32.jpg

 

s-の33.jpg

 

s-の33−1.jpg

 

s-の34.jpg

 

s-の35.jpg

 

かくして短時間ながら白い粉と戯れ、あと朴の木の温泉で老体を労わり、晩酌の時間には盃を持つことができた。

 

シンプルな生活を旨としている隠居業として、今日も豊潤で完璧な一日を過ごすことができたわけで、感謝のほかない。

 

隠居の山スキー、滑降技術が我流で下手なので以前は「ブナ林の彷徨のほうが好み」などと韜晦して、もっぱら春先の滑りやすいザラメ雪を滑っていたが、この年になってから深雪にシュプールをつけて遊ぶのが面白くなり、余生の楽しみになってきた。

 

技術はまったく上達していないので、幅広の板など道具がよくなったことが大きい。

comments(0) | - | - | -

白木峰

2020.02.13 Thursday

s-金剛堂山から白木峰.jpg

 金剛堂山から見た白木峰

 

「白い粉中毒老人」の徘徊は続くが、相変わらずの寡雪で、昨晩から雨が降っていて気温も高い。

 

今年は昨年以上に「山スキー渡世難儀の年」になりそうだ。

 

このため、毎年行く飛越国境の白木峰(しらきみね)ならなんとか滑れるのでは、というMさんの計画に参加させてもらった。

 

メンバーは山岳会やそのほかの中高年男女10名。

 

八尾町から大長谷川沿いを遡るが、豪雪地帯のこのあたりも雪が少ない。

 

s-白1.jpg

 

それでも昨夜(8日)30僂曚匹旅濱磴あり、除雪車が出動していた。

 

この道は、江戸期飛騨の二ツ屋村から楢峠を越えて八尾から富山へ通じる幹線街道で、二ツ屋に口留番所が置かれていた。

 

今は国道になっているが、道も細く通る車もまれな峠道で、冬期間は閉鎖になる。

 

最奥の杉平集落にある大長谷温泉のまだ除雪中だった駐車場へ。

 

s-白2.jpg

 

s-白3.jpg

 

いつもはすでに登山者の車が何台か停まっているのだが、この日は我々がはじめてだった。

 

閉鎖中の国道を南へ歩き、杉ヶ谷を過ぎてから取り付く。

 

s-白4.jpg

 

s-白5.jpg

 

ヤブが出ていたので道路を辿り、上部で夏道ルートの尾根を辿る。

 

s-白6.jpg

 

s-白7.jpg

 

s-白8.jpg

 

s-白9.jpg

 

s-白10.jpg

 

s-白11.jpg

 

s-白12.jpg

 

s-白13.jpg

 

s-白14.jpg

 

s-白15.jpg

 

いつもながら頂上が目的でないので、4時間弱登った標高1200mあたりで登高をやめ、林間の滑降に移る。

 

この地点の積雪量は1.7m。

 

s-白16.jpg

 

s-白17.jpg

 

s-白18.jpg

 

いつもよりヤブが多かったが、望んでいた腰までの深いパウダーを満喫することができ、皆さん満足。

 

s-白19.jpg

 

s-白20.jpg

 

s-白21.jpg

 

s-白21−1.jpg

 

s-白22.jpg

 

s-白23.jpg

 

s-白24.jpg

 

s-白24−1.jpg

 

s-白25.jpg

 

s-白26.jpg

 

s-白27.jpg

 

s-白28.jpg

 

s-白29.jpg

 

s-白30.jpg

 

s-白31.jpg

 

あと地元の人専用湯治場みたいな小さな温泉で汗を流して帰る。

 

一昨年上までガイドをしてくれた温泉所属のガイド犬=春ちゃん(春に生まれたという当時4歳のメスのシバ犬)は、去年の今頃休暇で家へ帰っていて会えなかったが、その後訃報を伝え聞いた。

 

s-はるちゃん.jpg

 2018年の春ちゃん

 

今回温泉の管理人さんに詳しい話を聞いたら、お産の途中急死したとのこと。

 

かわいそうに子供も亡くなったそうだ。お悔やみを述べた。

 

先頭に立ってラッセルしてくれ、下降も泳ぐようにして下り、随所でわれわれを待っていてくれた在りし日の元気な姿を思い出した。

 

s-はるちゃん2.jpg

 2018年の春ちゃん

 

温泉の休憩所に、春ちゃんの子供の頃のかわいい写真が貼ってあった。

 

comments(0) | - | - | -

大日ヶ岳

2020.02.06 Thursday

s-大日0.jpg

 2月2日朝の大日ヶ岳(1,709m)

 

この冬一番の寒波がきて、今朝の高山は3僂曚匹寮兩磧G鮴鄲爾27僂世修Δ澄

 

今もまだ降っていて、来年のことがわからないスキーキチの年寄りは少しほっとしている。

 

それでも高山の昨日までの降雪量は合計9僂如∧診の合計167僂鯊腓く下回り、昭和28年の観測開始以来最も少ないという。

 

このところ、われわれ「白い粉(パウダースノー)中毒患者グループ?」が好んでいる大日ヶ岳・叺(かます)谷のパウダーにまだありついていなかったため、標高の高い所は降っているだろうと、一縷の望みを持って向かってみた。

 

メンバーは山岳会の8名の老若男女で、うちボーダーが1名。

 

日曜日(2月2日)とあって、高鷲スノーパークは早朝から駐車場に入る車が列をなしていて大賑わいだった。

 

フロントへ登山届を出してゴンドラに乗る。

 

ゲレンデは人工雪によって上部から下部まで一応滑走可にはなっているが、上級コースなどは芝が出て閉鎖になっているし、駐車場付近は積雪ゼロ。

 

ゴンドラ1本で一気に標高1,550mまで運んでもらえるので、年寄りにはありがたい山だ。

 

s-大日1.jpg

 

s-大日2.jpg

 

s-大日3.jpg

 

s-大日4.jpg

 

s-大日5.jpg

 

s-大日6.jpg

 

頂上までのコースは斜面に灌木が目立ったが、普通に歩けた。

 

この日は、神岡のバックカントリースキークラブのメンバー5名も来ておられた。

 

このクラブは隠居より年上の方が何人かおられ、励みにさせてもらっている。

 

今回のメンバーのうち、元北飛山岳救助隊長のMさんは優に80歳をこえておられるし、また2歳年上のNさんなどは今までテレマークだったが今年からアルパインに転向し、道具一式を新調されたそうだ。

 

先輩方の情熱に脱帽のほかない。

 

 

s-大日7.jpg

 

s-大日8.jpg

 

s-大日9.jpg

 

s-大日10.jpg

 

s-大日11.jpg

 

途中から遠望できた野伏ヶ岳の上部は白いものの、ダイレクト尾根には灌木が出ていた。

 

s-大日12−1.jpg

 

s-大日13.jpg

  

頂上から叺谷を覗くと、残ながら上部まで灌木が露出していて断念。

 

s-大日14.jpg

 

s-大日14−1.jpg

 叺谷

 

頂上から霊峰白山を遥拝。

 

s-大日15.jpg

 

s-大日29.jpg

 

いつもは埋まっている方向盤や大日如来像がほとんど露出していた。

 

この大日ヶ岳は、後に白山を開いて有名になった僧泰澄がはじめて登り、ここから白山の飛騨側ルートを偵察したと言われている。

 

泰澄の夢に大日如来が現れ、この頂上に大日如来を祀ってほしいとのお告げがあったそうだ。

 

宇宙そのものを神格化したものが大日如来で、山であう雨や風、森林や谷、滝などはすべて大日如来の語られる真理と言われる。雪もそうなのだろう。

 

まず水後山への斜面を滑ったが、新雪がなく下部は灌木が出ていて早々に引き上げる。

 

s-大日16.jpg

 

s-大日17.jpg

 

s-P2022337.jpg

 

s-大日18.jpg

 

s-大日19.jpg

 

s-大日20.jpg

 

s-P2022343.jpg

 

あと天狗山への北西尾根から大日谷の斜面や、蛭ヶ野への北東尾根を途中まで滑降した。

 

s-大日21.jpg

 

コースは短いながら、ここでは上質な白い粉=パウダースノーを楽しむことができ皆満足。

 

s-大日22.jpg

 

s-大日23.jpg

 

s-大日24.jpg

 

s-大日25.jpg

 

s-大日26.jpg

 

s-大日27.jpg

 

s-大日28.jpg

 天狗山へむかう登山者

 

登り返しては遊んだ。

 

s-大日21−1.jpg

 

いつもは叺谷下部まで滑り、スキー場に近い往路へ斜めに登り返して帰るのだが、今回は頂上から往路を忠実に戻り、スキー場を滑降。

 

s-大日30.jpg

 

s-大日31.jpg

 穂高連峰  乗鞍岳

 

帰路荘川の温泉「桜香の湯」に浸かって老骨を延ばしてから帰った。

 

さて、白い粉中毒の徘徊老人は次回どこへ。

comments(0) | - | - | -

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.