Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 岳のおみ渡り 2 | main | 日照岳 >>

位山

2013.01.16 Wednesday
s-位1.jpg
 

今年も霊山位山(1529m)へ初詣に行ってきた。


飛騨一宮水無神社のご神体になっているこの山は、太古から人々に崇められ、不思議な霊力が宿る山として現在もいくつかの宗教団体が崇拝の対象としている。


高山市に本山がある「崇教○光」もそうだ。


飛騨高地のなかでも位山と舟山、そして南にある川上岳の三山は良く目立ち、特に位山は昔から歌に詠まれたり、両面宿儺伝説があったりとなにかと人々の関心を引いてきた名山である。


超古代にさかのぼっても、高天原説、巨石文化遺跡説があり、近年にはペトログラフ(刻岩古代文字)が発見されたりした。


その超古代の歴史を綴ってあるとされる「竹内古文書」や『秀真伝(ほつまつたえ)』にも、神武天皇以前の時代、この位山が日本の中心になっていて都があったと書いてあるそうだ。


これだけ話題の多い、ロマンあふれる山はめったにないであろう。


隠居は山や森などの自然を崇拝の対象としていた古神道に関心があり、いまも一人信者としてこの山を崇め、毎年正月には登拝している。


この日はよく晴れて、リフト終点から飛騨山脈が一望できた。

s-位2.jpg

s-位3.jpg

s-位4.jpg

深い雪に覆われた静かな森の中を一人スキーで歩く。

s-位5.jpg

s-位6.jpg

s-位7.jpg

s-位8.jpg
剣岳

日々バタバタしている我々には、たまには「静けさのなかでただ自分といること」「すべての考えを止めて存在すること」が必要だ。

s-位9.jpg
馬頭観音

s-位10.jpg

s-位11.jpg

極寒に耐えている木々に話しかけながら、あとは黙々と登る。

s-位12.jpg

s-位13.jpg

s-位14.jpg

これも一つの瞑想で、いわゆる「内面への旅」だ。

 

水無神社の奥宮である「天の岩戸」に到着。

s-位15.jpg

雪をかむった岩戸に持参した米と塩、みかんを捧げ、今年の世の中の平穏などを祈願する。

頂上手前の広場へ出ると期待していた神々しい白山連峰が一望でき、遙拝する。

s-位19.jpg

s-位20.jpg

s-位21.jpg

s-位22.jpg

今日の位山は隠居の貸し切りだ。

s-位23.jpg

写真をとったあと、三角点のそばにあるピラミッド石を掘り出し、パワーをもらう。

s-位24.jpg

あとシールをつけたまま水場へ滑降。

s-位26.jpg

この水は今やある新興宗教の「ご神水」になっていて、夏場多くの人が汲みにくる。

真冬でも枯れない不思議な泉で、今回もとうとうと出ており、ペットボトルに汲む。

s-位27.jpg

s-位28.jpg

トラバースルートを歩き、展望場所から御嶽や乗鞍を望む。

s-位29.jpg

s-位30.jpg

天の岩戸を過ぎたところでシールをはずし滑降開始。

雪は思ったより軽く、下手な隠居でも深雪を自在にターンでき、いい気分になりながらスキー場へ。

剣岳から乗鞍岳までの飛騨山脈の展望を楽しんだあとゲレンデを滑降。

s-位31.jpg

s-位32.jpg

s-位33.jpg

s-位34.jpg

ヒマラヤなどアルピニズムの対象になっている山は、雪と氷と岩だけの無機質な、人間を拒む世界であり、そこに感傷、抒情などが入り込む余地はないが、自然豊かな日本の山は、神々が住まわれ、人々に崇められてきた。


そして登る人を温かく包んで癒やしてくれる。


今回もこの山からエネルギーをもらったので、今年1年なんとかがんばれそうだ。

 

 

comments(2) | trackbacks(0) | - | -

Commnets

はじめまして
kotsukotsuと申します。
飛騨の峠をあれこれネットで検索していたところ、隠居さまのブログに辿り着きました。
高山周辺の使われなくなった峠を自分も前から何か気になっていて、今はどうなっているんだろうと思っていました。
隠居さまのブログに詳しい写真や説明があり、すごく参考になりました。
まだ自分は、昔の峠へは行ったことがありませんが、街道に関しての歴史などがなにかしら好きです。
山スキーもされるのですね。
私はスキーはしませんが、素晴らしい景色があるんだなぁって写真から伝わってきます。
これからも拝見させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

kotsukotsu | 2013/01/16 12:35 PM

Commnets

自分を、隠居と呼びすぎ。
たかだか何年生きた経験智なの?

宇宙人は20000年の寿命だよ。

いいことやってるんだから、そこ気をつけてごらん。

ジギー ラテガ | 2019/07/14 11:12 AM

Post a Comment






Trackback URL

http://hidanoyama.jugem.jp/trackback/226

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.