Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 簗谷山 | main | 縄文時代の道具類 >>

『飛騨紬』を歩く 14

2014.05.28 Wednesday
s-P5130014.jpg


この日曜日、若い山仲間のYさんが交通事故で突然逝去。今日告別式があった。


嗚呼、まさに諸行無常。


人生は仮の宿、われわれもいずれ去らねばならないとはいえ、若い人が先に逝ってしまうのはなんともつらい。


今までに逝ってしまった同級生の顔を思い浮かべていつも思うのは、「いい人ははやく逝く」ということ。


隠居のような我が強い、業の深いものは、まだまだ修行をせねばならないようだ。

 

さて生涯孤高の精神性をもって山を慕い続け、飛騨をこよなく愛した山岳俳人前田普羅の初夏の句。


このような虚空にYさんは去ってしまった。

s-P5130015.jpg

 

紺青の乗鞍の上に囀れり 普羅


s-P5120005.jpg

 

ふぢ白し尾越の声の遠ざかる 普羅 


s-P6280010.jpg

 

むせかへる花栗の香を蝶くゞる 普羅


s-P6270003.jpg

 
comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Post a Comment






Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.