Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 荘川桜 | main | 八甲田・赤倉岳〜箒場岱(ほうきばたい) >>

『飛騨紬』を歩く 15

2016.04.28 Thursday
s-4.26乗鞍.jpg
 4月26日の乗鞍岳

s-4.26乗鞍2.jpg
 上野町には祭りの幟がたっていた

 乗鞍のかなた春星かぎりなし  普羅
 
隠居は、この乗鞍岳のシルエットの上に広がる星空を詠んだ雄大な句が好きだが、これを写真に撮ろうと思うとなかなか難しい。
 
この拙いブログの「山岳俳人前田普羅」というカテゴリーで、飛騨の山村と人をこよなく愛した普羅のことを何回か書いてきたが、このほどそれをまとめ、郷土史研究会「飛騨学の会」の紀要=『斐太紀』(平成28年春季号・市内の書店で販売中)で発表した。
 
タイトルは「飛騨を愛した山岳俳人前田普羅」―『飛騨紬』のことなど

s-斐太紀.jpg
  
この「飛騨学の会」は、歴史を専門に研究しておられる方の集まりだが、素人の隠居は臆面もなく、飛騨山脈の近世、近代の登山史を書いてこの紀要に何回か載せてもらっている。
 
これは登山史などを専門に研究する人がいないからで、いわば「隙間産業」みたいなものだ。
 
今回も登山史を予定していたが、間に合わずにこの文芸論みたいなものでお茶を濁した。
 
この号が発刊され、地方紙で紹介されたあと、折しも日本山岳会の会報『山』に、西山秀夫会員が皇太子殿下が国連本部での講演で普羅の句を紹介されたという記事を書いておられ、殿下が普羅をお好きだということをはじめて知った。
 
ニューヨークの国連本部で開催された「国連水と災害に関する特別会合」で基調講演をされ、水と人との歴史的な関わりなどをいろいろ話され、最後に「私の好きな前田普羅による俳句を読んで,この講演を締めくくりたいと思います」とおっしゃって、英語でこの句を読み上げられたという。
 
 立山の かぶさる町や 水を打つ
 
宮内庁のホームページを見ると、講演で映された立山の写真と英語訳、そして講演の締めくくりが以下のように紹介されていた。

s-slide30[1].jpg
 
「立山が覆い被さるようにそびえる富山の町で,人々が夏の暑さをやわらげるために通りに水を打ち,涼をとっている情景が目に浮かびます。山から流れ出る水は飲み水として,あるいは農業のために私たちに多くの恵みをもたらします。しかし,水は時に不足したり多すぎたりし,人々に大きなダメージを与えます。この句にあるように,人々がどこでも水とともに平和にゆったりと過ごせる世界を実現できるよう,私も今後とも取り組んでいきたいと思います。」

なお、隠居も前述の『斐太紀』でこの句を紹介している。

 
話は変わるが、最近詩人の正津 勉氏が『山水の飄客 前田普羅』という本を出されたことが中日新聞の書評欄に載っていた。
 
隠居の普羅論は飛騨との関係だけに限定したものだが、この書はもちろん全般をとらえてある。
 
正津氏は、普羅の性格が頑固で狷介なので、今まで普羅の句作や人生の検証がほとんどされていなかったと言っておられる。
 
普羅の「頑固で狷介な性格」は、隠居にそっくりあてはまり、隠居にはさらに「偏屈、人嫌い」が加わるので始末が悪い。
 
このところ雪山に行けなくて禁断症状が出ていたが、おかげさまでこの連休には雪と遊べそうだ。
 
したがってこのブログもしばらく休ませていただきます。

s-P4200004.jpg
4月20日 富山市西部 四方からの立山、剣

s-P4200008.jpg
comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Post a Comment






Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.