Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 鍋倉山 | main | 猪臥山ー畦畑ルート >>

妙高三田原山南面

2019.03.05 Tuesday

s-三0.jpg

 

このところ山行報告が溜まってきて、ブログ掲載の日にちが古くなってきたのでご容赦ください。

 

鍋倉山を滑った日は、妙高杉ノ原スキー場の安ホテルに宿泊。

 

17日の早朝雪がチラついていたが、すぐに晴れてきた。

 

今日も老骨が正常に動くことに感謝しながら出発。

 

s-三1.jpg

 妙高山麓はこんな積雪量

 

s-三1−1.jpg

 

体調が悪いTさんは山はやめてゲレンデで遊ぶことになり、隠居とSさんとで杉ノ原スキー場のリフトを乗り継いで上部へ。

 

s-三2.jpg

 

3リフトの終点にはもう山スキーヤーがいて出発準備をしていた。

 

s-三3.jpg

 

s-三4.jpg

 

s-三5.jpg

 

登高は妙高山(2446m)の外輪山三田原山(2347m)の稜線までだが、途中雪崩が起きそうな小さな谷が2ヶ所あり、昨夜降雪があったので慎重な通過が必要だった。

 

s-三6.jpg

 

我々のすぐ前に、外人のガイドに引率された10名くらいの外人パーティがいたが、ガイドの適切な指示でこのエリアを通過していた。

 

適切な指示とは、危険個所では間隔をあけて一人ずつ通過、万一の場合を考えザックのベルト、ストックの手ベルト、スキーの流れ止めをはずすなど。

 

s-三7.jpg

 

s-三8.jpg

 

s-三9.jpg

 

s-三10.jpg

 

危険個所を通過し、小さな雪庇を越えると、あとは急な斜面を登るだけだ。

 

s-三11.jpg

 

s-三12.jpg

 

s-三13.jpg

 

ここでも外人ガイドは無理がないコース取りをしていたし、クラストしたところではピッケルをふるって斜面を砕いていた。

 

上部へ行くにしたがって雪面がクラストし、クトーがよく効く。

 

s-三14.jpg

 

s-三15.jpg

 

s-三16.jpg

 

s-三17.jpg

 

s-三18.jpg

 

やがて妙高山の頭が見え出し、2300mの稜線に到着。

 

s-三19−1.jpg

 

s-三19.jpg

 

s-三20.jpg

 

s-三21.jpg

 

ここから南面を滑るのだが、我々は外人さんご一行が滑る前に、急いで斜面へ入った。

 

まだシュプールがない広い斜面のパウダースノーを先にいただくという、姑息な考えからだ。

 

s-三22.jpg

 

s-三23.jpg

 

s-三24.jpg

 

老人2人は、年甲斐もなく大きい歓声を上げながら一気に滑り下りた。

 

s-三25.jpg

 

s-三25−1.jpg

 

s-三26.jpg

 

s-三27.jpg

 

s-三28.jpg

 

この一時というより刹那のために苦労して登る山スキーというものは、一般の人には理解できない遊びであろう。

 

やがて森林帯に入り、下部をトラバースして雑踏のスキー場へ戻った。

 

s-三29歳.jpg

 

s-三30.jpg

 

s-三31.jpg

 

s-三32.jpg

 

s-三33.jpg

 

s-三34.jpg

 

s-三35.jpg

 

s-三35−1.jpg

 

s-三36.jpg

 

s-三37.jpg

comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Post a Comment






Trackback URL

http://hidanoyama.jugem.jp/trackback/754

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.