Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Recommend

MOBILE

qrcode

Link

Profile

Others

Search this site.

Blog

<< 焼山北面―アケビ平・新田山 | main | 山岳資料館が開館 >>

流葉山ー霧氷がきれいだった

2019.04.08 Monday

s-IMG_4956.jpg

 4月6日の乗鞍岳 4月はじめに降った雪で白い

 

今シーズンの山スキーも終わりに近づいたが、今回報告の流葉山でまだ15回。

 

例年と比べるとかなり少ないが、年とともにこうなってゆくのだろう。

 

4月に入ってから雪が降るなど悪天が続き、野暮用も入ってきて、その後なかなか出かけられないままだ。

 

しかし例年の「板納め」は5月末に立山を滑ってからなので、まだ道具を仕舞うわけにはいかない。

 

さて、富山県境の旧神岡町にある流葉スキー場をご存じだろうか。

 

一時期飛騨随一のスキー場としてとてもはやっていたが、その後できた朴ノ木や奥美濃などに客を奪われ、今ではかつての賑わいは見られない。

 

今年は少雪ということもあって3月中旬に閉鎖となったが、上部の稜線にはまだ結構な雪があるので滑りに行こうと、3月末に神岡のHさんからお誘いをいただいた。

 

同行は神岡山スキークラブのNさんとUさんで、2人とも隠居よりお年が上のテレマーカーだ。

 

雪がまだらに消えたスキー場を少し歩き途中からシールをつけたが、一面氷結していてクトーがよく効いた。

 

s-流1.jpg

 

s-流1-1.jpg

 

s-流2.jpg

 

s-流3.jpg

 

s-流4.jpg

 

s-流5.jpg

 この場所はいつも上から雪崩れが出るとのこと 

 

s-流6.jpg

 

s-流7.jpg

 

s-流8.jpg

 

s-流9.jpg

 

s-流10.jpg

 

s-流11.jpg

 

やがて稜線の国設スキー場へ出たが、前日の雨が凍って一面のきれいな霧氷が見られた。

 

s-流12.jpg

 

昨年流葉山から大洞山を経て割石温泉まで13舛鬟好ー縦走した時も美しい霧氷が見られ、写真を撮りに来ていた地元のカメラマンは、数年に一度しか見られない現象だと言っていた。

 

s-流13.jpg

 薬師岳 北ノ俣岳 黒部五郎岳

 

s-流14.jpg

 黒部五郎岳  双六岳  槍ヶ岳 笠ヶ岳 穂高岳

 

s-流15.jpg

 槍ヶ岳 笠ヶ岳 穂高岳

 

s-流15−1.jpg

 

ブナ林を少し登って流葉山(1432m)の頂上へ。下から3時間近くかかった。

 

s-流16.jpg

 

s-流17.jpg

 

s-流18.jpg

 

s-流19.jpg

 もう根開きが 春は近い

 

s-流20.jpg

 

s-流20−1.jpg

 

s-流21.jpg

 

この日は曇りだったが視界がよく効き、剣岳から乗鞍岳までの飛騨山脈、飛越の山々が一望できた。

 

s-流21−1.jpg

 薬師岳〜穂高岳

 

s-流22.jpg

 

s-流22−1.jpg

 

s-流23.jpg

 見にくいが左に剣岳 

 

帰路は先日の白鳥山と同じで凍った雪面でスピードが出すぎてコントロールできず、林道から飛び出て下の斜面へ転落してしまったが、幸い怪我がなかった。

 

s-流24.jpg

 

s-流25.jpg

 

s-流26.jpg

 飛越国境の白木ヶ峰

 

s-流27.jpg

 金剛堂山

 

s-流28.jpg

 

s-流29.jpg

 

去年は41日に乗鞍の肩の小屋の前でふくらはぎの肉離れを起こし、治るまで50日かかったので、年寄りは怪我に気をつけなければならない。

comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Post a Comment






Trackback URL

http://hidanoyama.jugem.jp/trackback/759

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.